読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転勤族妻の根無し草日記@北海道帯広→横浜

建築と旅ライターの仕事をしています。転勤族の妻で、東京→北海道帯広市→横浜

MENU

あかん遊久の里鶴雅(家族風呂編)

しゅんプラスの宿泊モニターに当選し、あかん遊久の里鶴雅に宿泊させて頂きました。
今回は4記事目、引き続き宿泊の様子をご紹介したいと思います。

お腹がいっぱいになった後は、19時半から予約していた家族風呂です。
8階の展望大浴場 天の原と空中露天風呂 天女の湯は残念ながら改装工事中です。
f:id:okmtaym:20140531210836j:plain


しかしながら、右手にある花橘の湯(家族風呂)は入ることができます。家族風呂は事前にホテルへ電話予約が必要です。お風呂はバリアフリーとなっており、体の不自由な方や手術のあとが気になる方は無料にて優先で利用することができます。通常利用は75分で2,160円でした。
f:id:okmtaym:20140531210759j:plain


出入口はセンサーになっており、車椅子でも操作しやすい高さになっていました。施錠・解錠とも手をかざすだけで操作できます。身内や知人に車椅子使用者の人がいるので、バリアフリー対応は気になってしまいます。こういった配慮はとても有り難いですね。
f:id:okmtaym:20140531210730j:plain


脱衣室には大きな鏡があり、テーブルには冷えた飲料水とコップが置かれていていました。
f:id:okmtaym:20140531203452j:plain


内湯です。車椅子で入りやすいように、脱衣室から風呂場への段差はありません。また、湯船に入る時は介護用リフトも出して頂けるようです。
浴槽前には排水溝があるため、内湯に排水が混ざることはなく安心ですね。ベビー用バスチェアもありました。
f:id:okmtaym:20140531203607j:plain


露天風呂に出てみましょう。光量が足りずにフラッシュをたいてしまいましたが、大人3人ぐらいなら余裕で入れる広さがあります。
f:id:okmtaym:20140531205243j:plain


露天からサウナに入ることもできます。サウナは暑くて苦手なので入りませんでしたが、何とも贅沢です。
f:id:okmtaym:20140531205302j:plain


花橘の湯の温泉成分表です。こういった写真が撮れるのも貸し切りならでは。
f:id:okmtaym:20140531210709j:plain

せっかくお夜食チケットを頂いていたのですが、お風呂に入ってすっかり寛いで寝てしまい布団の国へ…気がついたら明け方でした。
f:id:okmtaym:20140531180244j:plain

妊婦でお腹がかなり大きく、バランスを崩して転ぶのが怖かったので、床段差の少ない家族風呂でゆっくりお湯に浸かりました。電話で宿泊予約をする際に勧めて頂いたのですが、お願いして本当に良かったと思いました。

次は朝食をご紹介します。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 十勝情報へ

[AD]