読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転勤族妻の根無し草日記@北海道帯広→横浜

建築と旅ライターの仕事をしています。転勤族の妻で、東京→北海道帯広市→横浜

MENU

辞令

★我が街_帯広 Hokkaido ★転勤  お知らせ

転勤が決まり、十勝を離れることになりました。帯広市には2年3か月住んだことになります。

2年前の冬。
私にとって引越を伴う転勤は初めてで、いきなり本州から遠く離れた帯広市。実家は兵庫県なので帰省しようにも飛行機2本乗り継ぎ、または飛行機+新幹線で5時間かかります。

転勤族ビギナーとしては当初ちょっとだけ苦労しました。一人外食や一人旅は全く平気なのですが、雪道運転どころか車の運転ができないのでお店開拓もできず、知り合いもおらず、窓の外を眺めては雪が降る景色を見て涙したものです。平日昼間は話し相手もおらず、ちょっと鬱っぽくなっていたかもしれません。
2年前の冬は雪の少ない帯広には珍しく大雪で、コンビニに行くしか気分転換がありませんでしたが、自宅でしている仕事が忙しかったのが救いでした。

そんな私にも帯広や十勝管内でたくさんの友達ができ、楽しく暮らすことができました。車を運転できないぶん知恵がつき、バスとタクシーと徒歩でアクティブに過ごしました。

帯広で出産しましたが母が他界しているため里帰りや産後の実家支援はなく、帯広で夫婦二人乗り切りました。十勝の友人達が「何か助けられることがあったらいつでも駆けつけるからね!」と心強い言葉を掛けてくれました。

仲良くしてくれた転勤族の皆さん、内地出身の私を受け入れてくれた地元の皆さん、ありがとうございましたっ!


次の行き先は神奈川県横浜市の予定です。

引越業者有利な春シーズンでの引越見積のことや、北海道から本州へのドタバタ引越話や、引越作業中に赤ちゃんはどうする?とか、赤ちゃん連れで飛行機に乗る話は書こうと思っています。(本州へは夫が自家用を運ぶため船移動、私と子が飛行機と電車移動です。)

ただ、このブログは自己満足に加えて、帯広に引越で来る転勤族ファミリーのために、帯広や十勝の様子を伝えることで少しでもお役に立てたら、という気持ちで続けてきたもの。

横浜なら文章のプロが書く写真の美しいサイトが山ほどありますので、地域ブログは書かないかもしれませんし書くかもしれません。(どっちや!)
このブログを今後どうするかは悩んでいるところです。


★十勝でやりたいことリスト
・フリーフライトなんて贅沢は言いません、
 係留でいいから気球に乗って上から十勝平野を見たい!
 (日程的にちょっと無理そう)
帯広を出る前にもう一度お会いしたい方がいっぱい!
 厚生ママ会、転勤族ミーティング友達とのカフェ会は実現します♪
・ぷれいおんとかちのSUNカフェに行く
六花亭本店喫茶室でお茶する(子どもがディディモスで寝てくれたらチャンス)
・十勝の温泉銭湯に行く(丸美が丘あたり)

★心残りリスト ~十勝から行ける場所編~
・五十嵐豊ハートフルフォト写真展をこの目で見届けたかった!!
 実行委員長に任命頂いたのに、途中離脱することが申し訳なく、
 悲しくて仕方ありません。
オンネトー湖に再訪したかった!
・産後ドゥーラわたなべふみこさんの子育てサロン「縁が和」に行ってみたかった!
 →平日に汽車やバスで芽室町まで行って帰ってくるのはとても難しい。
・乳幼児教室に入って活動したかった!
・十勝でアンガーマネジメントの講習を受けたかった!
支笏湖カヤックに乗りたかった!
かんの温泉に泊まりたかった!
・阿寒湖でフロストフラワーを見たかった!
ダイヤモンドダストも見たかった!
・ガリンコ号に乗って流氷見たかった!(オーロラ号には乗ったよ)
・ワカサギ釣りしてその場で天ぷらにして食べてみたかった!
芽室町上美生の美しい一本道の景色を写真に撮りたかった!(冬は雪のため閉鎖)
・そして…一番大好きな十勝の風景、芽室の新嵐山スカイパーク展望台から
 もう一度景色を見たかった!!


感嘆符多すぎ(笑)
心残りがあるぐらいの方が、旅行で再訪する理由になるからいいのかもしれません。


ブログやSNSで「出会いに感謝」ってわざわざ書くぐらいなら直接相手に言えばいい、っていつも思うし今でも思っていますが、ごめんなさい。会えない人もたくさんいるので敢えて書きます。

十勝の皆さん、ブログに訪問して下さった皆さん、本当にありがとう!!

引越し日は確定していませんが、残りの約3週間…荷造りをしつつ、子どもの予防接種などの通院付き添いをしつつ、十勝ライフを思いっきり楽しみたいと思います。

[AD]