読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転勤族妻の根無し草日記@北海道帯広→横浜

建築と旅ライターの仕事をしています。転勤族の妻で、東京→北海道帯広市→横浜

MENU

引っ越し覚書(随時更新あり)

これは自分のための覚書です。
引っ越しは今まで数回しましたが、二人分の荷物は多い!
効率的に作業できるように覚えておく。


★すぐあけるボックスに入れるもの

蓋付き保温マグ、キッチン洗剤、スポンジ
パジャマ、下着、バスタオル、トラベルセット(シャンプーや基礎化粧品)
雑巾、トイレットペーパー、スリッパ
携帯充電器類


キッチングッズ::どうしても新居に埃を入れてしまうので、マグは蓋付きが◎
雑巾:改装工事が行われてすぐに入ったので、すごく細かい木くずが色んな所に積もっていたので。
トイレットペーパー:トイレグッズでまとめた箱がダンボール郡の一番下にあったので、取り出すのも大変で結局買いに行ってしまった!


★横着しないで部屋番号と通し番号は、ダンボールの天・横両方に書くこと
横着して上面だけ書いたんだけど、ダンボール積み上げられてしまったら全然見えない…。結局並べ直したりして番号を探すことになり大変だった。横面は2面に書くと尚良し。


★荷造り期間は余裕をみて4日とる(うちの場合)
仕事の締め切りがあって全然取りかかれなかったのもあるけど3日で荷造りはキツかった…。最終日は徹夜、トラックが来る30分前に梱包完了よく間に合ったな…。


★地方転勤にはみずほ銀行かゆうちょ銀行?
個人事業主なので振込や支払い関係で便利な口座を保持しておきたい。そこでどの銀行を選ぶか。北海道の特徴かもしれないが、地方はみずほ以外メガバンクの支店はないといって良い。(除く札幌)
三菱東京UFJ銀行ならセブンイレブンのATMが無料で使えるけど、まぁ不便だわ…。


★本州から北海道へ冬に引っ越して来られる方へ
東京で賃貸住宅の場合、灯油ストーブの使用はほとんどで禁止ですが、北海道は使用できます。むしろ灯油ストーブがないと冬は厳しいです。部屋の使用規定を確認し◎であれば引越当日に購入しましょう。またその時に灯油のポリタンクとキュポキュポも買いましょう!「ガソリンスタンドにキュポキュポも売ってるだろう」と思って買いに行ったら灯油しか買えず、ホームセンターも回ることになっちゃいました。引越当日はガス開栓等で家に居ないといけないことが多く行動が制限されます。自宅近くのホームセンターの場所と営業時間を事前に調べておきましょう。暖房器具がないうちは床が冷たいので、すぐあけるボックスにあったかいスリッパも忘れずに。




◎冷静に書くと当たり前のことばかりなんだけど、作業をやってる最中は気づけず。
 帯広の新居では初日に部屋を水浸しにしてしまう事件があり
 ダンボールをほとんど開けられなかったので未だに開けてない箱が山積み。
 次の引越ではもっと楽にできるようにする!

[AD]