転勤族妻の根無し草日記@北海道帯広→横浜

建築と旅ライターの仕事をしています。転勤族の妻で、東京→北海道帯広市→横浜

MENU

手帳に使う万年筆のお勧め

このエントリーは「手帳に万年筆を使いたいけど、お勧めは?」と聞かれたので、その質問に答えるエントリーです。ペン先が細いものがご希望とのことで、価格帯を2つに絞ってお勧めを書いてみました。万年筆のペン先は個体差が大きいことと、インクと紙との相性があるので、可能であれば試し書きして買うことをお勧めします。
これを読んでくださっている文房具好きのみなさん、「こっちの万年筆もいいよ!」などありましたら、ぜひコメント等でお知らせ下さい。


今回は「ゲルペンのような気軽さで、万年筆の書き味を楽しめる」ことを視点に選びました。


 ○ ペン先が金製なら国産メーカーのもの→パイロット キャップレスデシモ(15,750円)
 ○ ペン先がスチール製のもの→LAMYサファリ(3,990円)またはLAMYアルスター(5,775円)


同じ金のペン先で細さ表示が同じでも海外製は若干太めだと思います。手帳にたくさん書き込みしたい場合はどうしても文字が大きくなりがちなので、好みが分かれるかもしれません。




字がきたないって言ったヤツは誰だ?前に出ろっ


おすすめ1 【パイロット キャップレスデシモ+適用コンバーター
手帳に使うならパイロットのキャップレスシリーズがお勧め。ノックしてペン先を出すタイプ。キャップを回す必要がないことがストレスなく「サッと出して筆記する」ことに向いています。
キャップレスシリーズの中でもキャップレスデシモは本体が細いタイプで、手の小さめな女性にちょうどいいと思います。私は仕事の手帳用に、キャップレスデシモのペン先Fを使っています。
持つ部分にクリップがくるので邪魔かな?と思ったら、これが意外と持ちやすい!
唯一の注意点は、1週間も使わずに放っておくと、ペン先が乾燥して書けなくなります。そんな時は少し水を含ませると元通り。


キャップレスデシモ(パイロット公式)
http://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/caplessdecimo/index.html
15,750円(本体価格15,000円)←ネット購入であれば少しお手頃です。


この万年筆は、コンバーター(ボトルインクから吸い上げて使う)もカートリッジインクも使えるタイプですが、私はコンバーターを使っています。しっかり洗浄すれば、インクの色を替えることも気軽にできるので経済的。


キャップレスデシモ適合コンバーター(CON-20又はCON-50)
http://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/converter/index.html


CON-20は板バネ式のプッシュコンバーター、横から押して吸い上げます。
CON-50は回転式コンバーター、回して吸い上げます。
私が使っているのはCON-20ですが、CON-50はインク残量が分かるので、こっちのほうが良かったかも…と思っています。


おすすめ2 【LAMYサファリ+適用コンバーター
いまLAMYはお休みさせているので写真がなくてすみません。サファリとアルスターは両方持っていますが、サファリのスケルトン軸でインクの色を楽しむのはいかがでしょうか。


おすすめ番外編 【ペリカンスーベレーン】
気軽に薦められる価格ではないのですが、一番気に入っています。
会議中の議事録やスマイソンの手帳には、これで記入しています。




最後に…万年筆は凝り始めるとガジェットより高額になってしまいますのでご注意を!
いや、ダチョウ倶楽部方式「押すなよ、絶対に押すなよ」であれば、背中を押しますが(笑)
id:taconさま、参考になりましたでしょうか?


はてなダイアリーで大きな写真を載せることが上手く出来なかったので、後日本家サイトに大きな全体写真を載せるかもしれません。

[AD]